クレジットカードを延滞すると利用停止されるの?

便利性から何気なく使用するクレジットカードですが、停止される目安はご存知でしょうか?
利用額の超過以外にも、延滞をという利用停止基準があるのです。

利用停止基準

クレジットカードは会社事で利用停止基準という物が存在しており、使用者はこの基準を知りえません。

しかし利用停止までの期間というのは実に不透明であり、明確化できない物でもあります。
その理由は、会社事で基準の差があり、延滞回数や延滞日数など様々です。

厳しい所であれば、延滞日数が一ヶ月前後で通知が届き、カード破棄を促されます。

回数に置き換えると、トータル二回ほどで利用停止通知が届く所もあるそうです。
基準が優しい所では、延滞一ヶ月での音沙汰はなく、大体二ヶ月目からの可能性が高いとされています。

これらから言えるのは、極端な話ですが数百円程度の金額でも延滞は延滞という事です。
金額は問題では無く、延滞が原因で起こるカード停止は、日数や回数が基準となっています。

カードの停止を解く方法

一度利用停止がかかったカードの停止を解くには、支払いを完遂する事で可能となります。
完遂から五年経過すれば信用情報の履歴は消えると言われていますが、実は落とし穴です。
履歴は一度消えるのですが、各会社事が持つリストにはしっかりと名前が記載されたままになっています。
その為一度カードを破棄してしまえば、二度と同じカード会社の審査は通らないと思って良いでしょう。

信用問題

人間一度や二度のミスもある、再引き落としの際に払えば良いといった考えは捨てましょう。
金銭が関わってくるという事は、自身にとって最大の信用問題になるからです。
クレジットカードが停止されるという事は、金融機関からの信用は存在しなくなります。
車のローンは勿論、住宅ローン等も組めなくなってしまい、様々な事柄に影響が生じるのです。

一枚のカードが止まるだけで、様々な不利益が発生する事はおわかりいただけたと思います。
延滞などせずに、しっかりと期日までに支払う準備を整え、後ろめたい気持ちを持たないようにしましょう。