クレジットカードの延滞って記録は残るの?

クレジットカードは使用した時点で、信用情報という物に記録が載ります。
契約内容や返済状況など、様々な記録が細かに記載され、誤魔化しや言い訳は通用しません。

信用情報に記録が残ります

信用情報は信用情報機関という複数の機関が行っており、カード会社とは違います。
CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターという物に即座に情報が送られます。
日本の金融機関はいずれかに必ず加盟しており、住所や氏名など、様々な記録が残ります。
上記からわかる事は、一度でも延滞すればいずれかの機関に記録が残るという事です。
具体的に何日延滞したら記録に残るのか、この部分に疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

延滞者はリスト化

CICの公式ホームページでは、正常入金日から61日以上経過しても入金が無い場合、とあります。
これは正しいようで間違っている情報であり、クレジットカード会社が延滞情報を登録する条件なのです。
延滞が61日未満であっても、個人信用情報には延滞記載がついてしまいます。
クレジットカード会社は正常に口座振替が出来ていない場合、翌日から自動で延滞者と認識されます。
延滞者はリスト化されており、それを元に再度の引き落としで支払いが出来ない場合、督促を開始するのです。

半永久的に消えない

延滞者として認識されると、社内のシステム上から半永久的に消える事はありません。
社内システム内の情報は個人情報機関と同じで、データの保持期限が無いのです。
再引き落としの時に対応すれば大丈夫、と思う方もいるかもしれませんが、それは落とし穴です。
その行為が日常化してしまい、何度も繰り返す事によって途上与信で利用停止をされます。
上記に書いた61日以上の延滞というのは一般的な意味であって、引き落とし日を守れないと延滞なのです。

お金が関わる貸し借りは信用問題であり、一般の認知よりも遥かに重大です。
将来に響く問題にもなり得るので、事前の入金や準備は入念に行い、延滞記録がつかないよう心がけましょう。