クレジットカードは延滞すると解約させられる?

日常生活の様々な場面で活躍するクレジットカードは、非常に便利な物です。
そんな便利なアイテムがある日使えなくなる、そんな事を考えたことはありませんか?

強制解約

クレジットカードには強制解約という物が存在し、様々な問題から解約に繋がります。
強制解約とはクレジットカード会員の了承を得る事なく、会社側の判断で行われるのです。
しかしこれは理由も無く行っている行為ではなく、利用者側に問題があるからこそ行われています。

最も多い理由は利用料金の支払い延滞で、支払日に引き落としが出来なかった事を指します。
お金が関わってくるわけですから、会社側も支払いが遅れると厳しい対処をとるのです。
延滞したまま一ヶ月から二ヶ月が経過したり、たった一日でも幾度と無く続けると解約に繋がります。

期日はカード会社によってまちまち

具体的な日数や理由はカード会社によって様々で、基準に差がある為、明確な目安はありません。
目安が無いからといっても、延滞を続けていてはいずれ強制解約に繋がる事を覚えておきましょう。

しかも、強制解約をされるくらいの信用問題を起こしたという事は、他のカード会社の審査も厳しくなります。
延滞や解約は記録されている為、別の会社でクレジットカードを作ろうとしても不可能な場合がほとんどです。

カードの審査が通らない

カードの審査が通らないという事は、ローンも組めない事がほとんどです。

カーローンや住宅ローン等、大きな買い物をする際に非常に痛手となりますよね?
いかなる理由であれ、金銭トラブルは重大な信用問題に発展し、様々な事柄に支障をきたします。

一枚のカードが強制解約され、他に数枚のカードを所持していたとしたら、全て停止する可能性もあります。
カードが止まるくらいならと、支払いを放置しておくと、最悪の場合会社に連絡が入る事もあるでしょう。

クレジットカードを使うという事は、一般的な認知よりも大きな責任を抱えるという事です。
自分に合ったカード使用と、しっかりとした計画を立ててから買い物をしましょう。